浜松市立看護専門学校 進学伊藤さん

勉強しても不安だったとき、
スタッフの方にとても勇気づけられました。

浜松市立看護専門学校
進学
伊藤さん

この1年を振り返って、今、思うことは??

勉強しても不安だったとき、
スタッフの方にとても勇気づけられました。

 
なにか覚えているエピソードはありますか??

自分の勉強法に不安を感じたり、
「なんかダメだなぁ~」と落ち込んだりしていたときに、
カウンターで平井さんにその気持ちを打ち明けました。

「今のまま勉強を続けていけば大丈夫、
伊藤さんのマイナス思考な面も、いいところの一つだよ」 と、
とてもあたたかい言葉をもらい、
本当に不安だったので勇気づけられました。

また、帰る時や、小テストの採点時に
スタッフの方とするお話が楽しかったです。

 
オススメの勉強方法はありますか??
  • 授業でやったことは、
    ノートの内容を家に帰ってまとめ直して復習しました。
  • 授業以外の小テスト
    (スタッフがランダムに自習室に用意した
    自由にチャレンジできる問題プリントなど)は
    必ずやりました。
  • 模試の反省ノートや、
    覚えられない単語やイディオムだけを書いた、
    自分専用のミニノートを作って家でも
    ペラペラ見ていました。
小テストの復習はどのようにしていたのですか??

漢字テストは、間違えた漢字を小テストの裏に
何回も書いたり、『漢字元』のページを折ったりしました。
英語の長文テストは、ノートに単語やイディオムをまとめ、
家に帰ってもう一度英文を訳したり、
大事な文法が入っている段落だけを英文に訳してみたり、
何回も読みました。

イディオムテストでは、
次の週のイディオムを覚えるときに
前の週のイディオムも一緒に覚え直して、
テストをした内容を忘れてしまわないように
電車や家でペラペラ見ていました。

 
「模試の反省ノート」についてもう少し聞かせてください。どのような内容を記録していたのですか??

解けなかった問題や、
解けたけどあまり理解できていない問題を
ノートに書き写し(問題文が長いものは模試を切り取って貼る)
ノートの反対側に解き方や、模試の解説に書いてあるポイントを
まとめて、他の問題集から自分が間違えた問題と似たものや
同じ単元のものを探して書き写し、解きました。

数学だったら似たような問題は必ずあるので、
2つくらい他の問題集から探し、
英語は文法や単語を分けてまとめました。

このやり方で「自分の苦手な問題&ポイント集ノート」ができ、
苦手な分野の克服に役立ちました。

 
受験生活を振り返って、
自分なりの勉強リズムができたのはいつ頃ですか??

「ハマヨビで勉強→家で復習」のリズムが
しっかりとできたのは、夏頃からです。
予備校に通う前は週6でバイトをしていたので、
あまり勉強時間がとれず、
自分でなにをやったらいいのかもわかりませんでした・・・。

 
勉強リズムはどのように身につけていったのですか??

月~金まで、どの日も授業があったので、
初めは家で前日に次の日の予習をやって、
授業の後に自習室で復習するという感じでした。
自分は繰り返さないとすぐ忘れてしまうタイプなので、
とにかく授業でやったことは確実に自分のものに
できるように何回も授業で扱った内容を復習しました。

毎日1つでも授業があったことで、
『平日は毎日予備校に行く→授業以外は自習室』
のいいパターンが身についたと思います!

 
勉強をしていく中で
楽しくなってきた時期はいつ頃でしょうか??

夏の終わり頃からです。
1つ目は模試がきっかけでした。
模試が終わると、次の模試に向けて
勉強計画を自分で立てていくのが楽しくて、
やる気につながりました。

2つ目は、長時間勉強するのに
慣れたことがきっかけでした。
初めは自習室でずっと勉強していても、
実際集中していた時間はほんの少しでした。
だんだん勉強の要領がつかめてきて、
集中できる時間が長くなり、
楽しくなっていきました。

 
勉強をしていく中で
好きになった教科はありますか??

はい、数学です。
高校の頃は、数学がとても苦手でした・・・。
内容もほとんど忘れていたので不安でした。
でも授業で前期に基礎をとっても細かく
やってもらったので、その後の演習が
とっても楽しくなっていきました。

また、数学の小テストで
「次は今回よりいい点を取りたい!」と思い、
さらにやる気が出ました。

 
この1年、一番苦しかった時はいつ頃ですか?

11月~12月です。
試験が近づいてきて不安になったり、
友達とも遊びに行けなくなったりしたからです。
自分の勉強法は今のままでいいのか、
他の人はどんな勉強法、勉強量なのかを考えちゃいました。
冬はクリスマスやお正月などイベントが多くて、
周りの友達が羨ましくなりました・・・。

 
どう乗りきったのでしょう??

自分の行きたい学校に通っている
友達に電話をして、
いろいろな学校生活の話を聞いて
モチベーションを上げたり、
高校に行って先生にアドバイスをもらったりもしました。

また家族と料理をして家での食事を楽しみました。
とにかく学校に入学してからのことを想像して、
楽しいことをたくさん考えて気持ちを維持していました。

 
ハマヨビについて、
この1年について、など、
思うことを教えて下さい!

ハマヨビには集中できる自習室があったので
勉強する習慣を身につけることができました。
実際に試験を受けてみて、
時間内に問題を解くことが本当に大切だとわかりました。

授業や直前演習で、時間内に解く練習をしたのが
とても役立ちました。

国語の要約やイディオムテスト、漢字テストなど、
自分では後回しにしてしまって
結局やらないで終わってしまうものも、
毎日習慣として続けていくことができたので
本当によかったです。

また、面接練習をしなかったら、
自分は形式的な、
いかにも用意してきたような面接しかできなかったと思います。
丁寧に指導していただいたおかげです。

勉強だけでなく、
たくさんのことを学ばせてもらい、
充実した1年になりました。
ありがとうございます!

スタッフ平井からのコメント

伊藤さんの「復習」の徹底ぶりには、
いつも本当に感心させられました。

予告なしで英語のテストや漢字のテストをしても、
いつもほぼ満点。模試の復習テストも満点。
『魑魅魍魎』のような複雑な四字熟語も、
サラサラっと書いてしまうんですから・・・。

「自分は復習に時間がかかりすぎているんじゃないか・・・」
と相談に来たことがありましたが、
具体的に時間や内容を聞いていると、
まさしく模範的な復習ではありませんか!
「満点」に至るまでの努力を目の当たりにして、
頭が下がりました。
きっとやさしくて、そして向上心あふれる
看護師さんになってくれると思います!

前の記事へ

一覧へ戻る

次の記事へ

index

サポート体制

コース紹介

講師紹介

合格実績/卒業生の声

よくある質問

アクセスマップ/校舎案内

メディア掲載

学費・入校案内

保護者の方へ

news&topics

校長からのメッセージ

看護系面接対策動画

レンタル教室のご案内

ハマヨビBLOG

資料請求・お問い合わせ

見学相談会

入校の仮予約

資料請求・お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

予備校は自分に合うところに行くのが一番。
だからハマヨビでは無理な勧誘はいたしません。
安心してお問い合わせください。

053-451-3721

受付時間:(火〜土) 10 : 00~19 : 00
○生徒対応中は電話に出ることができませんので、留守番電話にお名前と電話番号をお入れください。後ほどこちらから連絡いたします。
休校日:日曜・月曜・祝日・その他臨時休校あり
住所:静岡県浜松市中区砂山町351-1サニービル3F(浜松駅より徒歩3分)

現役高校生コースのページはこちら